2005年12月05日

オバQ法眼

『義経』を見ました。
大河ドラマを見るようになったのは香港にきてから。
我が家はケーブルテレビのNHKワールドしか見られないので
週一回の大河は貴重なドラマタイム。まぁ普段テレビあんま見ないんだけど。

去年の『新撰組』がすごく良くて、熱中したもんで、
『義経』にも期待してたのですが、
途中からちょっと飽きてきてしまいました。
「えぇぇえ〜?」とか「うわっ、なんじゃこら」的な展開やら
演出やらがあって、ところどころ興ざめなのは否めません。
『義経』という大ロマンなだけに、義経ファンの辛口評論もよく目にしますね。

まぁ、脚本、演技等は置いといて、
この『義経』で極めて異色を放っているキャラクターといえば、
やはり、美輪明宏ふんする鬼一法眼でしょう。
肉々しい真っ白い顔に大きな目…。かなり怖いですよねぇ。
西川のりおが昔『オレたちひょうきん族』でやってた「オバQ」の姿に
ダブって見えるのは私だけでしょうか…?
サルだかモモンガだかがキーキキキッ… とびゅんびゅん飛んでるなか
オバQ法眼が登場するシーンには、かなり失笑…。

オバQ法眼さま.JPG

そんな『義経』も来週最終回。
いよいよ年の瀬ですな。




posted by みこねこ at 02:24| Comment(0) | TrackBack(0) | イラストで感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。