2006年05月04日

ふと見ればコニク…

義母宅から我が家へと、バスで1時間の大移動をしたコニクちゃん。
疲れのためか2,3日は大人しく、
なんとなくよそよそしい感じがしないでもありませんでしたが
今はまたすっかり、以前のように
私にべったりの甘えん坊ちゃんです。
何をしていても、ふと見れば、
必ずコニクがそばにいる…


寝室のベッドの端に腰掛けて、
夫のほつれたズボンの裾をチクチク縫っていると
どこからともなくコニクが姿を現し、
私の隣にシュタッ! と飛び乗ってきました。
私のひざの上で横になっているズボンに
まるでヤキモチでも焼くかのように
じ〜っと夫のズボンをみつめるコニクの熱いまなざし…

together1.JPG



香港の高湿度にやられてカビだらけとなってしまった本棚。
うわわわわわぁ〜っ! とつぶやきながら雑巾で拭いていると
窓辺にたたずんでいたコニクがわざわざ近くにやってきました。
煙のごとく、粉カビの舞う下、
おどけた顔をして、私の動きをひたすら見守るコニクちゃん…

together2.JPG



「あ〜疲れた、ちょっと休憩〜」 と今度は昼寝をしていると、
いつの間にやら、寝室の入り口にコニクがちょこん と座り
ベッドで大の字になっている私をそっと覗いている…
そして、そろりそろりと歩み寄り、コニク大ジャンプ!
私のお腹の上に這いつくばると
両腕をビヨ〜ン と伸ばして満足気なご様子です。

together3.JPG



コニクって奴はぁ、本当になんともかわいい、憎めない子です。
私のひざ上でうれしそうに喉を鳴らすコニクを抱いていると
ほんわかした愛しさが、胸いっぱいに込み上げてきます。

そんな一方で、
コニクを想う愛情が、大きくなればなるほど、
日本にいるぶーちゃんへの恋しさも、
同じように、増してゆく…

ぶーに、会いたいなぁ…

together4.JPG









posted by みこねこ at 18:04| Comment(10) | TrackBack(0) | イラストでねこさま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
師匠こんばんは〜☆
コニクちゃんとソファーに腰掛けている絵
ぶーちゃんに会いたいと思う気持ちが
切ないくらいに伝わります。。。
ぶーちゃんもきっと同じ気持ちでいるでしょうね

師匠は洋裁も得意ですか〜!??
私は常々だんな様に仕事と裁縫は家に持ち込んでくれるな!
と言っております(笑)
そうなんですよぉ洋裁も!苦手なんですっ
はっきりいってしまえば・・家庭科も2でした
ヒ・ミ・ツ〜♪ですよっ あはは〜〜っ
Posted by スイートピー at 2006年05月04日 20:13
お初じゃ。月うさぎさんの所にコメントしていたら上にコメントが有ったので、ツイ通りすがりの山の爺と申す物じゃ。
以後お見知りおきを♪~♪ d(⌒o⌒)b♪~♪

楽しいブログじゃ・・見れば「昔むかし、有るところに、おじいさんとお婆さんが住んでいて・・」と昔話をしそうな雰囲気じゃのう。

コレって自分で書いたのか?立派な物じゃ、アッパレじゃ、褒美を取らそうぞ、何にも出来ぬが何でも言うて見い!フォッフォッフォ〜
Posted by 山の爺 at 2006年05月04日 21:59
猫博士に猫のお話。
猫って現在のご主人様が分るんですよね。
昔、僕の友達の家に僕が何度流暢な猫語で話し掛けてもなついてくれない猫がいました。しかし僕の奮闘努力の甲斐あって、やがて僕と仲良しになれました。近づくと僕のスネに頭を擦りつけて身体も擦り付けてくる。デコピンをしてやるととっても喜んでいました。ところがある日僕とジュン(その猫の名前)が遊んでいると、そこの家のおばあちゃんが帰って来たんです。おばあちゃんの足音を聞いたとたん、ジュンは僕に背中を向けて僕をシカトウしはじめたんです。おばあちゃんが現れても僕の方を向くで無し、おばあちゃんの方を向くで無し、しばらくジュンは固まった状態でした。やがておばあちゃんが「ジュン」と声を掛けると、その声が合図だったかのように、おばあちゃんの方へ寄っていきました。ジュンはご主人様の前で、他人の僕と仲良くしていた事に罪の意識を持っていた様です。
コニクはみこねこさんと二人だけの生活だから、引っ越してすぐみこねこさんにあまえられたんですよ。
日本に帰った時のぶーも最初は実家のご両親の手前、みこねこさんにどうやってあまえようか苦労してたみたいじゃないですか。
いや〜いや〜、猫大先生に、知ったかぶった事を書きました。
デカ鼻のトナカイ、じゃあなかった、デカ鼻のコニクによろしく。
Posted by yasso.k at 2006年05月05日 06:55
スイートピーさん、こんにちは!
ふふふ、今もコニちゃん、私の足元にいますよ〜♪
「ナァ〜ン」と甘えた声で鳴いたかと思いきや、
「ふわぁ〜っ」と大きなあくびをして臭い息を吐いております(笑)
ぶー子は元気かなぁ。
コニクの姿にぶーちゃんの面影を見ること、多いです。
ぶーはこういうことしないよな〜とか、
あ!今のぶーとそっくり!とか…

小学生くらいのころは洋裁というかフエルトが好きで
よくマスコットとか作ってましたけど今はもうほとんどしませんねぇ。
ボタンつけたり、ほつれを縫うくらいなもんだなぁ。
「仕事と裁縫は家に持ち込んでくれるな!」っていいですね〜!
スイートピーさんの潔さに、常々ホレボレしている私でございます…
家庭科の2は、プラス愛情3で補いましょ〜!
旦那さまにもきっとご理解頂けると思いま〜す♪
Posted by みこねこ at 2006年05月05日 16:19
山の爺さん、 ん? 山のお爺さんとお呼びするべきか!
はじめましてっ こんにちは!
月うさぎさんのところからいらしてくれたのですね♪
コメントまで残していただきとってもうれしいです。どうもありがとうございます〜!

楽しんでいただけましたか?
昔話か〜!そんなふうに言ってもらえるなんて、大感激ですっ!
絵は自分で描いてますよ〜♪
以前は手軽な筆ペンで描いてましたが、
今は、筆と墨汁で水墨画の真似事をしております…

お褒めいただきとっても光栄です。
ご褒美ですか〜っ? う〜ん、そうだなぁ…
貴方様のコメントが最大のご褒美で〜す。なんちゃって(笑)
Posted by みこねこ at 2006年05月05日 16:43
yasso.kさん、こんにちは!
そうなんですよね〜!猫にしろ犬にしろ、人間のもとで暮らす動物って
現在のご主人様が誰なのか、ちゃんとわかってるんですよね。
つまりは、誰に甘えるべきか、誰がご飯をくれるのか。
なんとも賢いなぁって思います。
ジュンちゃん、固まっちゃいましたか〜
yasso.kさんとおばあちゃんに挟まれて、どうしたらいいかわかんなくなっちゃったのかな?
「あれ?ボクのホントのご主人様って誰だっけ?」って混乱してたのかも…
猫といえども、ヤキモチも焼けばイライラしたりもする。
人間なみの葛藤だって抱いたっておかしくはありませんからね…
ジュンちゃんにも、ぶーにも、コニクにも、
いろんな心の変化や想いが、きっとあるんだろうな。。

yasso.kさんの流暢な猫語、一度お聞きしてみたいですね〜
あとデコピン技も伝授いただきたいわっ(笑)
ちなみにデカ鼻のコニクはお鼻をクリクリしてあげると
うっとり顔で喜びます。
亡くなったチッタもお鼻クリクリが好きだったなぁ…
Posted by みこねこ at 2006年05月05日 17:35
あっ、山の爺さん、こんばんは〜♪
月うさぎにもご褒美を〜〜!(^^)

みこねこさ〜ん、こんばんは〜♪
コニクちゃんとの生活が復活ですね〜。
なんでだろう、ホッとしちゃいます。(^^)
やっぱり!みこねこさん = コニクちゃん なんだもん!
最初の頃のコニクちゃんの印象は、少しばかりヤンチャな感じだったけど
今は、「可愛い〜!コニクちゃん。」ですよね。
甘えてくると、可愛いでしょう?
やっぱり、コニクちゃんの中に、チッタちゃんがいるのかなぁ。

みこねこさんにべったりの、コニクちゃんも可愛いけど、
ご主人様のズボンの裾直しをしてるみこねこさんも微笑ましいよ。^^

みこねこさんの上で、手を伸ばして寝てる姿、うんうん、いいねぇ。
ほんわかした愛しさが、こみ上げています。うん!いいよいいよ〜。
そして、とっても羨ましく思う、月うさぎなのです。
Posted by 月うさぎ at 2006年05月05日 22:30
月うさぎさん、こんにちは!
ふふふ、ブログのつながりって面白いですねぇ…。。

コニクはすっかり「愛しのコニちゃん」って感じですよぉ♪
一時期は些細なことで怒鳴ったり、猫パンチのお仕置きをしたりと、
私はある意味スパルタな飼い主でしたが、
そんな頃の自分を悔やむほどに、今の私にとって
コニクはかけがえのない、大きな存在となっています。
おっと!もちろん!大事に想う気持ちは最初からありますよぉ〜っ
でもね、私最近思うんですよ。
愛情って、やっぱ育てて行くものなんだな〜って。

コニクを想う気持ちが大きくなればなるほど、
ぶーちゃんやチッタへの愛情も増して行く。
よく言いますけど、愛情って分けるものじゃなく、
増えて行くものなんだよなぁ…って実感している今日この頃です。

腕を伸ばしてデロォ〜ンっと寝そべるコニクはとってもかわいいですよ。
無防備なその寝顔を見ると、本当に心が癒されます。
こういうのがきっと母心ってやつなのねぇ。。。
Posted by みこねこ at 2006年05月06日 17:43
猫ちゃんには、不思議な力があります。
もしかしたら、コニクには、ぶーちゃんの気持ちが伝わっているのかも知れませんね。
二匹分可愛がってあげて下さい(笑)
Posted by tak at 2006年05月07日 10:46
takさん、こんにちは!
コニクを抱っこしつつ、ぶーちゃんをも胸に抱く、そんな感じですね…
香港での暮らし、そばにコニクがいなかったら
私はきっと、もっとさびしい思いをしていただろうなぁ。
今もコニクはソファのうえに寝そべって、
タヌキのような顔をしながら爆睡中です。たまにピクピクしてます(笑)

愛情たっぷり注いで、これからもずっと
元気で長生きしてもらいたいものです。。

Posted by みこねこ at 2006年05月07日 18:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。