2006年05月17日

帰国の心得 狂犬病ワクチン

2月の末に、マイクロチップと一回目の狂犬病ワクチンを済ませたコニクちゃん。
コニクが無事に係留なしで日本帰国できるよう、
本日は、その第二ステップ、二回目の狂犬病ワクチンを打って参りました。

帰国予定がハッキリしているわけではありませんが、
係留なしで日本に入国させるためには、
準備に最低でもヶ月以上かかるので、
いざ帰国!となってから始めたのでは全く間に合いません。

ですから、海外でペットと共に暮らしている方々は、
誰もが皆、愛する我が子のために、
夢の係留ゼロコースを目指して努力しているわけでございます。


あのね、コニクなんですけど、
最近、カバンに入れて移動させると、必ずお漏らししてしまうんですよ。
バスでウンチ1回、病院の待合室でウンチ一回、
再びバスにて今度はおしっこ…
ここ数ヶ月、100パーセントの確立でお漏らしキャットになってますね。

なので、今回の病院は、夜中〜朝にウンチをしたときに行くぞ!と心に決めていたわけです。
そして昨日、夜中にウンチちゃんをしてくれたので、よし今日だ!と思い、
病院の診療時間開始とともに予約の電話をかけました。

狂犬病ワクチンのブースターを打つ旨を告げ、午前11時に予約。


それにしても気になるのはコニクのおしっこタイムです。
ウンチはしてくれたけど、おしっこはまだしてくれない…
夜中に一回したっきりだから、病院行く前に出しといてくれるといいのだが…

そう思い、3度ほどトイレの中にコニクを促しましたが、
結局してくれませんでした。

途中でしちゃうかもな〜と思いつつ、でも午前中に病院に行ってしまいたかったので
かばんの中に厚めのタオルを敷いてコニクを入れ、
大きなコニクかばんをかついで、家を出ました。

前回は夫も一緒だったけど、今日は一人! 
がんばるぞ〜!がんばろね〜!
コニクと自分に言い聞かせながら、鼻息あらく出陣ちゃん…


ええと… 結論から言っちゃいますと、
やっぱり、お漏らししちゃいましたですぅ〜
病院に着いて、コニクかばんを下ろそうと思ったら、
すでにピッチョリ濡れている!

はやっ!

まだ20分くらいしかたってないのに…
これでさらにお漏らし記録が伸びたわけでございますよ。

いや〜しかしなんでなんだろな〜。
精神的なものなのかしら。かばんに閉じ込められる恐怖とか?
でも日本にいた頃、何度も病院連れてったけど、一度もこういうことはなかったけどな〜
やっぱお年のせいなのかしらねぇ… ごめんねぇ。。

omorashi.JPG




さてさて、まぁそれは置いといてですね、
今回の病院訪問のテーマはズバリ! フレンドリー!なのでございますよ。
前回の苦い思い出を反省しつつ、今度はフレンドリーに頑張るのだ!

平日の午前中とあって、病院はガラガラ。待ってる人はいませんでした。
すぐに名前を呼ばれ、診察室の中へ…

フレンドリー、フレンドリー、、、いいか!フレンドリーだぞ…

うつむき加減でそう念じると、私は顔を上げ、
「ネイホウ〜!(こんにちは!)」とニッコリ微笑み挨拶しました。


と、その瞬間、私は予想外の展開に思わず喜びましたっ♪
でんと構えたあのアンパンマンドクターがそこに座っていると思いきや、

アンパンマンドクターってこんな人→anpanman.JPG


私の目に映ったのは、まるで別人!
スラッと背の高く、肌の浅黒い、温厚そうな、それでいて知的な感じのする
とっても好印象な香港人のドクターでした。

オヨヨ…?

そうか、この病院には二人のドクターがいたのか…


ドクターが違うだけで診察室の雰囲気がこんなにも違うものなのねぇ。
前回の圧力的な重い空気とはまったく違い、なんだかのんびりとした雰囲気…
しかも、診察室の奥には、コニクと毛柄のよく似た子猫、
名づけて「チビコニちゃん」が、
ガラス戸の枠に頭をスリスリさせていて、とってもかわいいじゃぁあ〜りませんかっ!

う〜ん。。今回はなんだかうまくいきそうだわん♪



さて、今日の目的は狂犬病ワクチン接種です。

「狂犬病ワクチンをお願いします」とドクターに確認のため告げると、
アシスタントの女の人が、シャキ〜ン!と一本の体温計を持ってきました。

そうか、体温 計るのね… 
熱あったらワクチン打てないもんな…
コニクよ… 頑張れ…

そう念じるや否や、彼女はその体温計をズブッ!とコニクの肛門ちゃんに差込みました。

もちろん、小憎なコニクは大激怒!

ギャォォォ〜ンッ!!と叫び声を上げました。

頑張れコニク! 辛抱じゃっ!
私は少しでもコニクの気を紛らわしてあげようと、
首まわりを撫でながら、コニクのからだを支えました。

お尻の異物に抵抗しようと、身もだえするコニクを目の前に
チビコニちゃんが、恍惚の表情で頭をスリスリ柱にこすりつけています。
体温を計っている間、手持ち無沙汰なドクターは、
そんなかわいらしいチビコニちゃんに夢中のご様子。
机をカタカタ鳴らしてチビコニちゃんの気を引いたり、
ボールペンをゆらゆら揺らして遊んでいます。
コニクには悪いですけど、なんか滑稽なワンシーンでしたね。


thermometer.JPG



ようやく体温を計り終えて平熱を確認すると、ワクチンの登場です。
ドクターがおもむろに、ワクチンの入った注射針をコニクに打とうとしたので、
「まず、マイクロチップを読み取ってください」と焦りつつもゆっくり言うと、
キョトンとするドクターを尻目に、アシスタントの彼女が、
読み取り機をサッと引き出しから取り出し、
コニクの皮下に埋められているマイクロチップにかざして、
ピピッ!と読み取ってくれました。

コニクの診察券に張られているマイクロチップナンバーと照らし合わせ、
相違ないことを確認。
さらに、私はここでも懲りずに、
「この読み取り機の名前は、ミニトゥラッカー トゥーですね!」と念押し。
読み取り機を手に取って裏返し、そこに間違いなく「mini tracker U」の文字を見つけ、
私は再び、この病院のAVID製読み取り機が、成田の検疫所にあるものと同じものであること、
つまり、ISO規格でないAVIDのマイクロチップでも、
日本で問題なく読み取れるのだ!ということを確信したわけでございます。

ホッとしたのもつかの間、
グッドグッドるんるん とつぶやきながら、ふと横を見たそのとき!
なんと! 早々とワクチン接種は終わってしまっていた…

しもたっ!!

ミ〜ニ〜トゥラッカ〜 トゥ〜!に気をとられて、
肝心のワクチン接種現場を見逃してもたぁあぁ〜!!

どこに打ったのかもハッキリわからん…
多分、左脚にしていたような…

接種場所を把握しておくことは、副反応をみるためにも大事なことなのに〜
あぁ、反省…


まぁ、ちょっとした手落ちはいくつかあったものの、
今回の病院訪問はなんとか無事に終了いたしました。
前回のときの、地に足のついてないような、あっぷあっぷの状況よりは、
病院とのコミュニケーションもだいぶマシだったのでは…と思います。。


これでとりあえずワクチン接種は完了。
次のステップは最大の難関、日本の検査機関へ血清送付!
不安なことも多く、まだいろいろと問題が残っていますが、
また次回、頑張ります…





posted by みこねこ at 17:53| Comment(16) | TrackBack(0) | 帰国の心得(検疫制度) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「くれぇ〜なずぅむぅまちのぉ〜♪」から来ましたぁ!^^
「ネイホウ〜!」こんばんは〜!!はなんて言うの?

コニクちゃん、狂犬病のワクチン頑張ってきましたね。
いつか日本に帰ってくる日のためには、「エイエイオー!!」なのです。
いいよいいよーお漏らしくらい、コニクちゃんだって不安になるんだよね。
もう、お年みたいだし…我慢は体によくないらしいです。

お医者様の雰囲気も良くって( ^^) よかったね〜!
みこねこさんも心が落ち着けたでしょう?
やっぱり、お医者様は穏やかな人でなくっちゃね。
病気が重くなってしまいそいだもの…

次のステップ「日本の検査機関へ血清送付!」ですかっ。
本当に大変な事なのね〜
でも、きっと大丈夫よ!大丈夫。^^
Posted by 月うさぎ at 2006年05月17日 23:52
海外生活は、動物さんにとっても大変なんですね。
後、言葉の壁とかもあるのでしょうか?(笑)
今回は、専門用語びっしりで、ちょっとした知識改革にもなりました。 
まるで一人の人間に対応しているようなみこねこさんや病院の方たちは、とても素晴らしいと思います。 コニクちゃんにも、その辺は確実に伝わっていると思いますよ。 ところでコニクちゃん、帰りは大丈夫だったのですか?
Posted by tak at 2006年05月18日 04:14
師匠こんにちは〜♪
今回の病院訪問のテーマはフレンドリーでしたか?私なら・・・
「くるならこい!かかってこい!!戦法」
だぞっ!?
などと考えながら読んでおりましたが
今回はドクターが違ってましたね。
今回の先生ならワタシも急遽!「フレンドリー大作戦」に作戦変更
したと思いますわ ぷっ。

コニクちゃんもがんばりましたね〜
何されるかわからない恐怖って
ものすごーーーく怖いと思いますよね
お家に帰ったらホッ。。としたでしょうね
 
記録が伸びた件・・・
どんな事でも記録の更新はすごい事です!
Posted by スイートピー at 2006年05月18日 14:21
月うさぎさん、ネイホウ〜!
「こんばんは」も「ネイホウ」でOKで〜す!
ちなみに「おはよう!」は「ジョウサン」と言います♪

コニちゃんのワクチン接種、やっと完了してホッとしています。
コニクのお漏らしは年のせいもあるのでしょうけど
緊張性の何かかも?とも思います。
猫ちゃんはデリケートですからねぇ。

今回の先生は爽やかな感じでとっても好印象でしたよ。
それに、診察室にいたチビコニちゃんが、病院の雰囲気を和らげるのに
一役かってくれましたからね!とってもかわいかったな〜
「病院で飼ってる猫ちゃんですか?」とか聞いてみたかったんだけど、
緊張してるもんで、そんなこと言う余裕ありませんでした〜(笑)

次は血清送付…
これが無事済めば、かなり気が楽になります。。
頑張ろう〜
Posted by みこねこ at 2006年05月18日 18:18
takさん、こんにちは!
動物に言葉の壁ってあるんですかね〜。私も常々気になってます。
人間が言う表現上は、例えば鶏だったら「コケッコッコー(日)」
「クックドゥルドゥルドゥ〜(米)」とか違いがありますけど、
当の動物たちの耳には同じように聞こえてるんでしょうか。
言葉の違いに苦しむ人間社会からしてみると、
とってもうらやましい世界です…

こうして帰国のための準備をしてはいますが、
果たして、コニクが帰りの長旅に耐えてくれるか、
すでにご老体なので、心配です。
今は元気ですけど、日本に帰らざるを得なくなったそのときに、
今と変らず元気でいてくれるという保障はないですしね。。
いろいろ、複雑だったりします…

ちなみに帰りはさすがに大丈夫でしたよ〜
行きにたっぷり出してくれましたからね♪
Posted by みこねこ at 2006年05月18日 18:42
スイートピーさん、こんにちは!
「くるならこい!かかってこい!!戦法っ!」で身構えてくれていたのですね!
う〜ん、心強いわ〜ん♪
診察室入って、挨拶しながらドクターを見上げた瞬間に、
爽やかなスマイルで「ネイホウ!」って返事が返ってきたもんで
こりゃ〜うれしい拍子抜けでしたわよ〜!
「アンパンマン」から一気に「食パンマンさま」って感じ?

ハッ!今気づいたんですけど、コニクかばん、
猫が入ってるってバレないように、ペットキャリー用のリュックに
普通のかばんをかぶせて二重にして運んでいたんですが
(公共の乗り物に動物を乗せる事が禁止されてるので)
かなり通気性が悪いことが発覚しました!
かばんのなかでコニクはすごく苦しい思いをしていたのかもしれません!
あまりの苦しみでお漏らししてしまったのかも…
私は危うくコニクを窒息死させるとこだったのかもしれません!
とんでもない過ちを犯すとこだった。
こんなアホな自分が本当に恐ろしい…コニク、ごめん。
Posted by みこねこ at 2006年05月18日 19:16
日本ではまだ五月の半ばだって云うのに、梅雨にでも入ったんじゃないか、ってな天気が続いてます。
香港では動物病院を相手に大活躍ですね。

ペットの移動(国と国)って物凄いエネルギーが必要なんですね。努力と愛情が伝わって来ます。ところで、猫に狂犬病のワクチンなんですね?いやいや、バカな質問です。とりあわないで下さい。ききながし、ききながし。

「ネイホウ〜」って、北京語の「ニーハオ」と似てますね。もしかしたら同じ字かな?

動物をバスに乗せられないのに乗せて、みこねこさんの絵では、お漏らしがカバンの外にまで漏れてましたけど大丈夫だったんでしょうか。
Posted by yasso.k at 2006年05月19日 06:58
yasso.kさん、こんにちは!
日本は雨模様が続いているみたいですね。
関東地方に梅雨入り宣言が出る日も近いのかな?

猫に狂犬病ワクチン。日本にいる限りでは接種義務もありませんし、
不思議に思われるかもしれませんね。
狂犬病は、「犬」とは名がついてますが、猫でも狐でもアライグマでも、
多くの哺乳動物が感染する病気です。
そのため、猫であっても検疫の際には狂犬病ワクチン接種が必須項目となっています。
狂犬病を絶対に自国に持ち込まないための規制なわけですね。

「ネイホウ」と「ニーハオ」はご指摘の通り、同じ漢字ですよ〜!さすがですね♪
広東語と北京語は、漢字が同じで読み方が違うという言葉が非常に多いです。
香港人自身、しゃべるときは広東語、読み書きは北京語と使い分けています。
広東語は話し言葉なんですって。面白いですよねぇ…

スミマセン…お漏らしの絵、かなり大袈裟に描いております。。
実際はこんなポタポタ滴ったりしてないです。
ウソはいけませんよねぇ〜反省。。
ちなみに病院へは徒歩で行けます。義母宅へはバスですけどね。
(ややこしくてゴメンナサイ)
なので、今度病院行くときは、普通にペットキャリーのリュックで連れて行こうと思ってます。。
でもマンションがペット可なのかどうかわからないので、
やはりバレないようにせねば…
Posted by みこねこ at 2006年05月19日 15:25
こんにちは。
マレーシアの里々。

我が家の3にゃん、やっと抗体価検査までこぎつけたのですが、血清が送れず、只今我が家の冷凍庫の中なんです(泣)
みこねこさんは、個人での送付になるんですかぁ?
動物病院から送ってもらえるのでしょうか?

まだいくつか、、一縷の望みをかけてるとこがあるのですが、
おそらく、個人で日本に持ち込み(猫の血清は検疫不要だから簡単ですよね)、そこから神奈川県の検査施設へ宅急便で送ることになりそうですが、、、

神奈川県の検査施設のNさんはとても親切で、なんどか話もしてきたのに、、まさか、こんなところで、途上国の壁にぶつかるとはぁぁぁ〜
のあたしです。

採血もこれからですよね?
がんばってにゃん、コニクちんv
ではでは、またおじゃましまぁす。
Posted by 里々 at 2006年05月22日 09:30
里々さん、お久しぶりです。こんにちは!
血清送付はなかなか厄介な問題が多いですよね。
マレーシアに限らず、血清の国外送付が許可されていない国は非常に多いと思います。
たぶん香港も、個人ではできません。
代行業者や、送付を請け負ってくれる病院もあるようですが、
私はお金もありませんし、人に任せるのが心配なので自分でやろうと思ってます。

以前は、適当にうまくごまかして(笑)
国際宅急便で送ってしまおうかとも考えていましたが
小心者の私には、やはりそれはできそうもないので、
結局、私も帰国の機会に合わせて、
自分でハンドキャリーして日本に持ち込むことになると思います。

採血そのものも、いろいろ大変そうですよね。
なかなか必要量の血液が採れなかったりして…
とても不安ですが、これさえ乗り越えられればかなり安心できます。
里々さん、無事に血清検査が済むようお祈りしてますよ!
私も頑張りま〜す♪
Posted by みこねこ at 2006年05月22日 17:09
みこねこさん、こんにちわ。
にゃにゃにゃんブログにもお返事をいれたのですが、
気になって〜
進展はありましたか?
メールでの問い合わせの返事はきましたか?

まずは、何で? がはっきりしないとですね。
原因を知りたいですよね?
あたしも気になるぅ〜〜

血清の個人送付になにやら問題があり?

あたしのときもそう思ったけれど、ここでひとつ日本からの一押しが欲しいと...

そんなことないとは思うけれど、病院がどこかの輸送会社と結託してたりするのかなぁ...
な〜んて、そんなことはないよね?

返事がくれば、前にすすめるのにね。
でも大丈夫だよ! うちも何とかなったんだもの。
がんばって!!
常夏のマレーシアの空の下から応援しています。
ファイト〜〃
Posted by 里々 at 2006年06月02日 18:43
里々さん、こんばんは!
こちらにもお返事くれてどうもありがとうございますっ!
とってもうれしいですぅ〜ご心配おかけしてスミマセン…
結局ですね、結論から言いますと、病院に血清送付をお任せすることにしました。
病院からの丁寧なメールでもまだ納得できなくて、
他の病院へもしぶとく問い合わせの電話をしたのですが、
やはり、血清を病院から持ち帰ることは許可できないとのことでした。
電話でのやり取りだと思うようにいかないので、
すぐにこの病院へ飛んで行って、直接セカンドオピニオンを聞いたわけなんですけども、
やっぱりここでも、今までお世話になっていた
もとの病院の主張と同じようなことを言われましたね。
証明書とか申請書の記入が問題なのではなくて、血清の信頼性の問題で、
血清を個人が持ち帰ることは病院のルールに反するんですって。
香港すべての病院がこういう規則を設けているのかはわかりませんが、
少なくとも私の住んでいる界隈の病院は皆
個人が血清を持ち帰ることは許さないようです。
いや〜それにしても、セカンドオピニオンで行ったこの病院の獣医さんは
二人いたんですけど、どちらも本当に親切で優しかったですよ〜
狂犬病を絶対に広めてはいけないっていう獣医界の結束みたいなものを感じました。
なので、私も素直に納得できました。
そんなわけで、その足でもとの病院によって(隣接してるの)
「やっぱりお願いします…」って予約してきましたよ(笑)
私が理解してくれたとわかって、スタッフの人もホッとしてたみたい。。

普通、血清の送付まで請け負ってくれる病院を探してる人が多いでしょうに、
私のように、自分で持ってくにゃ〜!!って息巻いてる人も珍しいかもしれませんね…
でもでも、よくよく考えてみると、
中国の場合は、病院が血清を国外送付することはできないのに、
個人でハンドキャリーして日本に持って帰るのはOKですよね?
なんかそれって的外れな政策だよな〜なんて、
今回のことを機にそう思いました。普通逆だと思うけど。。

長文、ごめんなさ〜いっ!
応援ありがとう〜!! 病院、月曜に行ってきま〜す♪
Posted by みこねこ at 2006年06月02日 23:33
とりあえずは、、おつかれさまぁ〜
月曜日、がんばってにゃん。
日曜日の夜から断食ね。
うんち、しっこのオモラシ覚悟でがんばってきてね〜。
出来れば、麻酔が覚めるまで病院にいさせてもらうといいよ。
うちのリリは途中、心臓が止まったかと思って慌てちゃったの。そしたら早く覚める注射を打ってくれて復活(汗)
病院じゃなかったら、きっともっと慌てたと思うから。
あれ、でも麻酔は経験してるんだっけ?
それだったら大丈夫かな。
うちは、避妊去勢手術の時以来だったから。

がんばってね〜〜、コニクちゃん&みこねこさん^^
無事済んだ記事のアップ、、もちろんイラスト入りで♪〜、楽しみにしています。

いやぁ、、それにしても相当の出費??
がんばれ〜
Posted by 里々 at 2006年06月03日 11:18
里々さん、応援ありがとうございます♪頑張りますね〜

あの、以前からちょっと気になっていたのですけど、
血清採取に麻酔をかけられたのは、里々さんが自らお願いしたのではないのですか?
それとも、ドクターの意向で麻酔が必須だったのでしょうか。
私は血液採取のために麻酔をかけさせるつもりはありません。
血清採取のための血液は4ml近く必要かとは思いますが、
同程度の血液採取(小さな試験管2本分)は日本でも普通に行ったことがありますし、
特に問題ありませんでした。
他の経験者の方のブログもいろいろ拝見しましたが、
麻酔を打ったっていう記述は見たことがないんです。。
(痛そうに鳴いていたっていうのはありましたが…)
予約してある病院側からも麻酔に関することや食事制限のことなど
そういった説明は何もなかったですし、
仮にもし、麻酔を打つとその場で言われても、
とりあえずはそのまま採血を試みるよう頼むと思います。
っていうか、事前の説明なしで麻酔を打とうとしたら
そんな獣医は問題外ですけどもね。
猫ちゃんの体質や性格、いろいろあるとは思いますが…

そんなわけで、月曜頑張って行って来ます。。
ご心配、ご配慮、本当にありがとうございました!
あ、香港からの宅急便の費用は私が思っていたよりもずっとお安かったです。
最初から素直に頼んでればよかったわ〜って思ったくらい。。。
Posted by みこねこ at 2006年06月03日 14:15
麻酔について。

あたしが悩んだことのひとつです。
にゃんズも過去の採血は麻酔なしでしたから。
あたしも麻酔には抵抗があって、色々な人に聞いたりもしました。
検査施設のNさんにも聞いたのですが、日本でもよほど腕のいいドクターでなければ、健康な猫の採血では麻酔を使用するんだそうです。
採血の場所は、Nさん曰く、前肢第1関節がベストとのことで、麻酔は使用した方がいいですよ、と言われました。

あたしは、 麻酔なしの前肢第1関節からの採血をお願いしました。
あたしもつきっきりだし、なんとか頑張ったんだけれど、前肢からの採血はとにかく時間がかかるんです。
じっと耐えていたジジなんだけれど、途中、ドクターが1度針を抜いてしまったら、そこから抵抗しちゃって。
それで、頸部からの採血に変更したんです。
頸部には大事なものがいっぱい。
人はいいけれど、腕はいいかどうかは??のドクターなので、動かれたら危険だし、、、そんな経緯での麻酔使用となりました。

あたし的には、麻酔は使わない方が絶対いいと思っています。
麻酔をかけずにやってくれるのなら、それにこしたことはないですよ〜。
うちのドクターは、最初から麻酔をしたいって言っていたの。
でもあたしが反対したの。
結果的には、使うはめになったんだけれどね。

血清送付代、高額ではなかったのですね。
よかったです。
Posted by 里々 at 2006年06月03日 16:44
里々さん、こんばんは!
そうだったのですか…いろいろ大変だったのですね。。
里々さんの記事をいろいろ拝見して探したんですけど、
その辺の背景がよくわからなくて、
どういう事情があったんだろってずっと気になっていたんです。
里々さんの苦悩、悩んだ末の決断、とてもよくわかりました。
麻酔を使うことは物凄く不安で心配だったと思います…
詳しく教えていただいて、ありがとうございました!

それにしても、採血がそんなに技術を要するのだとは思っていませんでした。
私が今までお世話になってきたとこがたまたま上手だったのかな?
何度も注射針を刺されたり、採血に何十分も時間がかかったり、
そういうことって実は結構あるみたいですね。
人間の採血でも、下手な人にあたるとムチャクチャ痛かったり
腫れあがったりするもんな。

なんとか無事に採血が済むよう、今は祈るばかりです。
ドクターときちんと意思疎通を図って、
コニクと一緒に私も頑張りますっ♪
Posted by みこねこ at 2006年06月04日 01:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。