2006年05月30日

子犬のコリーちゃん

小学生のころ、近所に子犬のコリーちゃんを飼っているお家がありまして、
学校帰りにはいつもここへ寄って、コリーちゃんをなでなでして遊んでいました。

子犬のコリーちゃんは、芝生のお庭で放し飼いをされていて、
いつも楽しそうにお庭のなかを走り回っています。
このお家の柵の内側には小さな生垣が沿うように植えられているのだけど、
私が通ると、コリーちゃんは柵から顔をヒョイとのぞかせて、
かわいいお目目をキラキラさせながら
「あそんで!」と言わんばかりに、ハフハフ 息を吐いて私をみつめるの。

だから私も、コリーちゃんをいっぱいいっぱいかわいがってあげます。
コリーちゃんのあのうれしそうなお顔、今でも思い出すな〜

collie1.JPG




思う存分コリーちゃんと戯れたところで、さぁお別れタイムです。
「じゃぁね〜またね〜♪」と私は手を振って帰ります。。

collie2.JPG




…と思ったら、
コリーちゃんが私の姿を追って走り出したらしく、
5メートルほど先の柵の間からバサッ!と顔を出しました。

collie3.JPG




ハッハッ、ハッハ 言いながら、コリーちゃんは
「もっともっと、あそんで!」って感じで、目をランランと輝かせています。
そんなコリーちゃんのかわいさに、ちびっ子の私もランランラァ〜ンッ♪
アハハアハハ、エヘヘエヘヘと大喜びしながら、私は走り出します。

collie4.JPG




そして、柵の前でコリーちゃんの出現をじぃ〜っと待つの。

collie5.JPG




一瞬の間をおいて、コリーちゃんはガサッ!と生垣の葉を鳴らしながら
そのかわいらしいお顔を柵の間からのぞかせてくれました。

collie6.JPG




こんなふうにして、柵の前でコリーちゃんと一緒に追いかけっこ…
時の経つのも忘れて、遊んでました。
あぁ… 楽しかったなぁ。。  かわいかったなぁ。。


collie7.JPG





posted by みこねこ at 15:20| Comment(10) | TrackBack(0) | イラストで感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
みこねこさん、こんにちは。
僕はコリーというと、真っ先に名犬ラッシーを思い出してしまいますよ。 確実にあのドラマを見続けていたと思います。 ですから子供の頃、犬って皆、こんなに頭がいいのかぁ、と感心していたものです。 

なのに…

なのに…

それは、犬それぞれだったのですねぇ(笑)
Posted by tak at 2006年05月30日 17:50
コリー可愛いですね〜。飼い主にとっては自慢の犬だったんでしょうね。後挿し絵がめっちゃいけてます。
Posted by ゆんゆん at 2006年05月30日 20:45
みこねこさん、ネイホウマ〜♪^^
いつもながら、絵が上手ですぅ。
こんな風に表現できたなら、いいなっ、いいなぁ〜。
Wonderfulな絵に惚れ惚れしながら、笑顔でじっくり見ちゃいましたよ。
小学生のみこねこちゃんも!メッチャ可愛い〜ねぇ〜!
こんな可愛い女の子だったら、このコリーの子犬も遊びたいの分かるわん!

しっぽを思いっきり振りながら、みこねこちゃんを追い掛けてる姿が
手に取るように伝わるのよね〜。
子犬って、遊んでもらいたくってしょうがないって感じで
あぁ〜〜ん、両方とも「かばいい〜〜!」
そう言えば、コリー犬ってこの頃、見かけませんねー
犬にも流行があるようですからね。
Posted by 月うさぎ at 2006年05月30日 22:44
takさん、こんばんは!
あれ?ラッシーってコリーだったっけ?って思ってよく考えてみたら、
『名犬ラッシー』と『フランダースの犬』が
ごっちゃになってた自分に気づきましたっ!!ひぃ〜
またしても、ガチョウとダチョウ!
焼肉の“でん”とステーキの“どん”でございますぅ〜(笑)
こんな勘違い、私だけでしょうけどね〜ほっほっほ〜

コリーって幼心にとっても優しくって人間が好きな生き物なんだな〜って思いました。
コリーって優雅で知的な印象ですが、
この子犬のコリーちゃん、とってもオチャメでしょ?
無邪気な姿ってホントかわい〜です。。
Posted by みこねこ at 2006年05月31日 00:35
ゆんゆんさん、初めまして。コメントどうもありがとうございます。

このコリーちゃんのいるお家、私は子供心にとっても羨ましかったです。
芝生のお庭っていうのにまず憧れてましたし、
しかもそのお庭にコリーちゃんですからねぇ〜
さらにこのお宅、屋根裏部屋まであったんですよっ

絵を褒めていただきありがとうございます。
とってもうれしいです。励みになります!
徹夜して描いた甲斐がありました〜♪
ハッ!シャレ言ってもた(笑)
Posted by みこねこ at 2006年05月31日 00:45
月うさぎさん、ネイホウマ〜?
ネイホウマ〜?(元気?)って聞かれたら、
「ゲイホウ!(元気ですぅ)」って答えま〜す!
元気じゃないときは「ムホウア〜」って言いましょぉ〜♪

今回の絵、かなり苦戦しました〜
枚数多かったし、しかも生垣の葉っぱを描くのがツカリタァ〜。首イタイ…
私、わんちゃんの絵ってなんとなく苦手なんです。
猫のほうが描きやすい気がします。。
このコリーちゃんも、コリーって言わないと
なんかライオンとかイノシシにも見えますよね(笑)
でも月うさぎさんに喜んでもらえて良かったぁっ♪
いつもいつも、うれしいコメントどうもありがとぉ〜!感謝・感謝ですっ

コリーちゃん、最近は飼う人少ないのかしら?
私は昔も今も、犬は柴犬が特に好きですねっ!
コリーのお家の他に、近所に柴犬を2頭飼ってるとこがあって、
そこも学校帰りの「なでなでコース」でした〜♪
Posted by みこねこ at 2006年05月31日 01:09
ニーハオ!じゃあなかった。ネーホー!
今回は紙芝居ですね。勿論いつもいつも紙芝居もどきで見させてもらってますが。今回は特にそう感じました。2〜3行の文章で絵が変る。また2〜3行の文章で絵が変る。
しかも、舞台は全部同じ場所。う〜ん、紙芝居じゃあ失礼だな。舞台の一幕ものだ。登場人物はみこねことコリー。
それから、コリーが、あっち、こっち、って顔を出すところを変える仕草は、みこねこさんがご実家から帰る日のお母さんと同じ仕草に思えましたよ。
Posted by yasso.k at 2006年05月31日 11:50
yasso.kさん、ネイホウマ〜?
香港はずぅ〜っと雨が続いております。。
いよいよ、湿気ムンムンの雨季ですね〜

まぁっ!舞台の一幕だなんて、そんなふうに言ってもらえてとってもうれしいですっ♪
今回は頑張って7枚描きました〜
私は描くときは、ろくに寝もせず食べもせず、
ぶっ通しで描きつづけるので、体のアチコチが痛くなりますぅ〜

同じ場所の設定なので、柵とか生垣とか
同じものを何回も描くのがちょっとしんどかったです。
筆ダコができそうでしたよぉ〜 あ、もうできてた…(笑)

ホントだ〜♪顔出しコリーちゃんは、
我がドラ母の「いないいないばぁ〜」を彷彿させますねっ!
犬も人間もドラ母も、やることは似てるんだな〜
Posted by みこねこ at 2006年05月31日 17:04
師匠こんばんは〜☆

ランドセルから、かおを出してる縦笛と定規
そして横っちょにぶら下げた給食袋
なつかしくなって胸がキュンとなって。。 
私、小学生の頃の自分にタイムスリップしましたよ〜(笑)

子犬のコリーちゃん・・・可愛いです〜!
私もご近所だったらよかったのになぁ!
本当に楽しそうなんだもの!
一緒に遊びたかったぁ〜。。

ラッシーはとっても従順で賢くて優しいのですよ
実は!・・・私の自慢の息子はラッシーです!
師匠の書かれた絵にそっくりで驚いたのなんのって! 
じーーっとずーーっと見つめてしまいました
なんだか師匠と息子?が楽しそうに遊んでいるみたいで不思議な気分なんですよ(笑)
速攻ー!お気に入りの空間に仲間入りでしたよ!
Posted by スイートピー at 2006年05月31日 21:24
スイートピーさん、こんばんはっ!
うおぉぉぉぉ〜〜〜!!よくぞ気づいてくれましたぁぁ!!
ランドセルにぶらさがったあの物体!そう!給食袋の存在にぃぃっ!
わかってもらえて、すんごいうれしいですぅ〜!さすがスイートピー様〜
よくこんな感じでぶらんぶらん揺らしながら登下校しておりました。
友達とぶっつけっこして遊んだりするの♪

幼い頃の自分の姿を思い出したりすると、
なんだか妙に胸がキュンとなるのですよね…
あぁ、私にもそんな頃があったんだよな〜って、
懐かしいような切ないような、そんな気持ちになります。

まぁ!スイートピーさん、わんちゃんがいらっしゃったのですか?
それはなんてワンダフル〜〜!ワンワンッ♪
ラッシーってことはコリーちゃん?
私の描いたコリーちゃん、
スイートピーさんの愛するラッシーちゃんに似てますかっ!
なんだか私も不思議な気分ですぅ〜

お気に入りの殿堂入り、どうもありがとぉ〜〜!!
照れくさいけど、ホントにホントにうれしいです。。
またまた頑張るじょっ!
Posted by みこねこ at 2006年06月01日 00:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。