2006年07月15日

みこねこ速報

ちょっとちょっとアナタっ!!
追加されちゃいましたわよっ あの一文がっ!

一体何事?!って感じですがぁ〜
以前、遺伝子組換えワクチンの記事でですね、
「遺伝子組換えワクチンは認められないという一文を
 手引書に加えてください!」 と、
農林水産省動物検疫所のホームページへ懇願メールを送りました!!
って書いたの、覚えていらっしゃいますでしょうか??

そのお返事がですねぇ、きたんですのよぉ〜〜〜!
ご意見箱みたいなフォームだったから、返事なんかこないのかなぁって思ってたのですが、
先日、ちゃんとお返事のメールが届きましたっ!

読んでビックリ
「遺伝子組換えワクチンが認められないことについては、
犬等の検疫制度の説明のワクチン接種の部分及び手引き書に明記いたしました」

ですぅってぇえぇぇぇぇ〜〜〜!!

「英語の手引き書については追って記載します」
ともありました!

さっそくホームページをのぞいてチェック、チェック。
ほんとぉ〜だぁ〜〜〜!!
この間まではなかった一文が、ちゃんと追加、明記されているっ!!

検疫所のホームページにメールを送ったのが確か7月2日。
ということは、わずか2週間あまりの間に手直しをしてくれたのか?
なんて柔軟、迅速な対応なのでしょう…

まぁ、もちろん、私がメールする以前に、
purevaxという遺伝子組換えワクチンについては、多大な問い合わせ、あるいは苦情が、
きっとたくさん、たくさん、寄せられていたのでしょう…
単なる一意見でこうも簡単にお役所様が動いてくれるはずはありません。
たまたまタイミングよく、私の力作長文メール(自画自賛)が届いた、もしくは
私のメールがなくてももう一文を追加する予定でいた…のかもしれません。

でぇすぅがぁ〜っ!まぁ、いいじゃぁありませんか〜。ここは素直に喜びましょぉ♪
私のような人間でも、より良い検疫制度に少しは貢献できたのかな?
なんて、ちょっとうれしくなった次第です。

とは言え、すでに旧手引書をHPからプリントアウトしてしまっている人や
もう待機期間に入っちゃっているような人にとっては、
この一文追加に気づくのは、なかなか難しいかもしれません。
大丈夫かな〜、purevax打っちゃってる人いないかな〜って、ちょっと心配の念は残ります…


ちなみに、検疫所からのお返事は、
「今後、現行制度の他の問題点も含め、改正の必要性について
検討する予定でありますことを申し添えます。ご理解のほどよろしくお願いいたします」

というお言葉で締めくくられていました。
検疫準備中の方々!
検疫所のホームページは定期的にチェックしましょうね〜!




ところで…
ちゃっちゃと引越し&帰国の準備をしなければいけないのですが
全然荷造りを始める気になれません…
義父宅への荷物の運び出しは佐川急便に頼むつもりで、見積もりを済ませ、
29日に引越しの日取りまで決まっていたのに、
恥ずかしながら、引越し費用を工面するのも厳しい現状にぶちあたり、
結局、すべて自分たちで運び出すこととなりました。
あぁ、ホントに、運べるんだろか…

そんなことも合い重なり、全然やる気がおきません…
パソコンピコピコ、ぼ〜っとホジホジ、アホ面をさらしています。

hojihoji1.JPG

夫とコニクを残し、独り日本に帰国するのだというこの現実を
受け入れたくない自分がいるのだと思います。
ダンボールに荷物なんて入れたりしていると、
どうしても、いろんなことを思い出して悲しくなってきますから。
だから、難癖つけて荷造りに手をつけないでいるのかもしれません…

まぁでも、そんなことを言ってる場合ではないのじゃ。
帰国は今月末の31日。
いい加減、そろそろ始めなければ…ね。

ちなみに、今回は片道の上海経由で帰ります。
飛行機代を最小限に抑えるためです。
香港→上海 2時間半。乗り継ぎ待ち時間 3時間。上海→成田 4時間。
普通の直行便で帰るときのおよそ2倍の時間をかけての移動となります。
上海に行くのも乗り継ぎするのもすべて初めて。しかも一人…
ホント、不安だわ〜




posted by みこねこ at 20:48| Comment(14) | TrackBack(0) | 帰国の心得(検疫制度) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
凄いですね〜!ちゃんと聞き入れてもらえたんですね。
というよりも、遺伝子組換えワクチンは認められないということが
入ってないのが不思議なくらいです。
みこねこさんのおかげで、これから見る人は大丈夫ですね〜!(*^^)v

もうすぐなのね・・・みこねこさん・・
あと半月なのね・・・ 寂しい気持ちいっぱい抱えながら
お引越しの準備を今頃してるのかしら。
不安を沢山抱えて、コニクちゃんやご主人にふと、目をやりながら
荷造りしてるんでしょうね・・・
お引越し先は、ぶーちゃんのいる所ですよね!?
みこねこさんのいく先に、幸せが待っていると信じていたいです。
たいしたことが言えない月うさぎですが、
みこねこさんの幸せを心から、祈ってますからね。
Posted by 月うさぎ at 2006年07月17日 13:23
月うさぎさん、こんにちは!今日は海の日ですねぇ〜!
そうなんですよぉ〜!私のような一飼い主の意見にもちゃんと耳を傾けてもらえてとてもうれしいです。
複雑な検疫制度が少しでもわかりやすく、そして
トラブルの少ないものに発展していってくれることを願っていま〜す!

引越し準備、いい加減やらねばと思っていたのですが、
昨日は腰が痛くて何もできませんでしたぁ〜、あ〜ぁ。
白玉団子作ろうと思ったら失敗しちゃうしさ〜、あ〜ぁぁ。

日本に帰国した後は、ぶーのいる実家で当分暮らしますよ〜。
三十路も越えた身で実家の厄介になるのは本当は嫌なのですが、
そんな見栄を張っている場合ではないのでねぇ。
今はとにかく、早く働いてお金貯めないといけません…

いつもいつも、優しいお言葉をありがとう!
どんな苦しいときでも、幸せはきっとすぐ目の前にあるっ!!
そう信じて、私も前向きに頑張りますよ〜〜〜!
Posted by みこねこ at 2006年07月17日 15:21
ども、igor です。
すごいなあ、やるなあ。みこねこさんは確実に何人かの検疫心配症候群の人を救いましたね。
検疫所の人もすごいですよね。普通お役所仕事みたいないわれ方するけど、検疫所の人たちは、
みんな親切だし、プロだし、丁寧だし、やさしいし。
法律を確実に守らせるための努力、改善を惜しまないのは本当にすばらしいです。
そんな検疫所の人たちを動かしたみこねこさんはさらにすばらしいです。

三十路超えたくらいが何ですか、
わたしなんか40超えて渡米決めて、よく決めましたねえ、40超えてからなんて、とかいわれてるんですから。
実際自分でもそう思いますけど。
たとえとしてはよくないかもしれませんが、
親のすねかじりとかいいますけど、かじれるすねがあるだけましってもんです。
かじりたくてもかじるすねのない人にくらべれば。
あとでかじった分返せばいいだけのことです。
そんなことより、早く引越しの準備してください。間に合わなくなってあわてても知りませんよ。
早く覚悟決めて、ほら、返事かいてる暇あったら。
そんな簡単じゃないのは、みんな知ってますからね。
なんて、これでも一応はげましてるつもりなんです。
大きなお世話ですけどね。
Posted by igor at 2006年07月17日 23:27
igorさん、こんばんは〜!
検疫所の方たちは皆さん本当に親切・丁寧ですよね!
厳粛な検疫制度を保つためには、何よりも飼い主の理解が必要なのだということを
検疫所の現場の方々が誰よりもちゃんとわかっていてくれている!
これはとても心強いことです。
今回の手引書への一文追加は、本当に感激しました。
もちろん、自分の送ったメールだけでそうなったとは思ってませんけど、
検疫所の誠実な姿勢が伝わってきて、とてもうれしかったです。

かじれるすねがあるだけまし! ホント、その通りですね。
今は素直にかぶりつきます!味わいながら…
30でも40でも50でも、そんなの関係ないですもんね〜
要は、いかに自分らしく年を重ねるか…
自分らしくあれば、何歳で何しようが、胸張って進んでいけばいいのだ〜〜!!

あ、今日から荷造り始めましたよ〜。熱い励ましありがとうございますっ!
明後日、郵便局へ行って自分の荷物を船便に出す予定です。
とにかく、家具類の移動が不安…。
早くちゃっちゃと済ませたいけど、今週また夫の出張が入るので
結局ギリギリでやるハメになりそうだなぁ…
Posted by みこねこ at 2006年07月18日 01:14
みこねこさん、おはようさん^^
あたしも何度か検疫所の人と話をしたことがあるけれど、みなさん、精進されているように感じます。
検疫って、その時にならないとそうそう知ることないだろうし。
とにかくわかり易く書いてもらえたらどんなに心強いかって思うよね。
みこねこさんの声が、多くの人を救ったじょーv
あたしも、早急に追記させてもらわなきゃですぅ!

引越しっていうものは、ホント何度経験しても嫌よねぇぇ
体力勝負だしさっ!
それに、つ、つい、手が止まってしまうんだわよね。

いつだってギリギリが得意なあたしが言うのもなんだけれどぉ〜、ぼちぼちがんばってちょ!

ぶーちゃんとこに帰るのですね。
いかったいかったぁぁぁ
とにかく元気でいなくっちゃだから、それが1番良いですね^^
で、落ち着いたら又考えればいいじょーーー^^
Posted by 里々 at 2006年07月18日 08:33
師匠おはようございます〜♪
検疫所の誠実な対応には感激しました〜!

引越しは私も結婚後2度経験しております
余分な出費は抑える為、業者には頼みませんでしたが、なんとかできるものです(笑)
でもプロの仕事とは、やはり違い大きい家具はキズがあちこちにつきましたがこれも我が家の歴史ですね

ダンナ様とコニクちゃんと離れてしまう引越しの準備など辛くてできないですよね。。
現実逃避したくなりますよね。。

上海経由での帰国も不安かと思いますが
ご両親もご兄弟もぶーちゃんも待ってますしね
がんばってくださいね!
Posted by スイートピー at 2006年07月18日 11:06
里々さん、こんばんは〜!お元気ですかぁ〜!!
コニクがこの間まで元気がないような気がして、とても心配していたんだけど、
今また普段どおりの甘えん坊なコニちゃんに戻ってくれたのでホッとしています。
今も暑い最中、私の腕の中でがっしりとしがみついてますよ〜♪
ずっと日本に住んでたら、検疫のことなんて全くの別世界だったんだろうな〜って思うと
なんだか不思議ですね。
検疫所の方々と一緒に私も日々精進せねば〜!なのですっ

引越しってホント嫌ですよね〜
私はなかなか物が捨てられない性質なんですけど、今回は意を決して
いろんなものを処分しなきゃぁならなそうです。

そうなの!ぶーちゃんとこに帰るんですよ〜
愛しのぶーちゃんをまた自分でちゃんと面倒みることができるのがとても嬉しい…
日本の自宅でぶーを撫でながら、今度はコニクのことを想って切なくなるんだろうなぁ。

応援ありがとう〜〜!頑張りま〜す!またメールするじょ〜♪
Posted by みこねこ at 2006年07月18日 19:31
スイートピーさん、こんばんは!
スイートピーさんもセルフ引越し経験者でしたかぁっ!!
それは心強いです〜!
そういえば香港に来る前、日本の同棲アパートから実家へ
一時引越ししたときも自分たちで全部やったっけなぁ。
夫のチビ車で4往復ぐらいしたような記憶が…
アパートの狭い階段からね、馬鹿でかいソファベッドを
夫と二人でズルズル引きずりながら下ろしたのよ〜。
「ヒィィィ〜ッ!もぉダメ〜!!」とか、「づぶざれるぅぅぅ〜〜!」
とか雄叫び上げながら…(笑)
あぁ、まるで昨日のことのように思い出されるわ〜
よくあんなことできたなぁ。金のなさは人を強靭にさせるぜぃ。
でもプロの引越し業者さんってホントすごいですよね。
義母宅の引越しのときに初めて見たんですけど、あまりのスピーディーさにビビリました。
「タイムでも計ってんのか?」ってなくらいです。

応援どうもありがとぉ…!
現実逃避な実感の湧かないこの日々も、
あと2週間後にはジャパンなんだな〜って思うと
なんだか不思議な気分です。
Posted by みこねこ at 2006年07月18日 19:55
ちょっと古いエントリーのレスですが、気づいてくれますでしょうか。
こんにちは。igorです。
例の、犬連れ旅掲示板ですが、最近のエントリーで
遺伝子組み換えワクチンを日本で認める、といった書込みがありましたよ。

http://www.awanda.net/bbs/board_entry.php?id=2668

の一番最近のエントリーです。

私自身確認したわけでもないし、まだこの方の情報だけですし、なんともいえませんが、
一番安全とされるワクチンですもんね。
もし、本当なら、いろんな意味ですごいことですよね。
みこねこさんもこの実現に一役かってることになりますね。
あくまで、本当なら、なんですけど、ね。
本当であることを祈ります。
もうすぐお仕事はじまるんですよね。がんばってくださいませ。
Posted by igor at 2006年08月24日 09:41
一言書き忘れちゃいました。
もっとも、purevaxがだめだということで
一からやり直した人たちは、素直にはよろこべないでしょうから、
ばんばんざい、というわけにはいかないと思いますけどね。
仕事はじまってもたまには記事アップしてくださいませ。
Posted by igor at 2006年08月24日 09:49
igorさん、こんばんは!
掲示板、さっそく拝見しました。
何度か読み返してみましたが、私が思うに、
purevaxでも入国できると書き込みをした方は
アメリカ当局に問い合わせをしたのではないでしょうか?
日本の検疫所に問い合わせをしてこの返事をもらったのだとは私には思えません。
「当局」という表現を使ってますし、
おそらく、これはアメリカ当局(USDA)に言われた言葉なのでは?
と、私は思ったのですが…

どちらにせよ、手引書には、
「遺伝子組換えワクチンは認められない」と明記されたままですし、
検疫所によっても、対応する担当者によっても、
返答が変わってくることは多々ありますから、
必ず自分自身で確認をとってもらいたいな、と思います。

Posted by みこねこ at 2006年08月25日 22:22
どうしようか迷いましたが、犬連れ旅掲示板のほうに
私が以前検疫所からいただいたお返事を掲載しておきました。
掲示板に書き込むのは不慣れなので、ちょっとドキドキです…
Posted by みこねこ at 2006年08月26日 12:22
すごい、今、見て、ちょうどこっちきたところです。
やさしいなあ、みこねこさん、すごいことです。
purevax 認めてくれればいいんですけどね。
私も、あの掲示板にはすごくお世話になりました。
私も、あの掲示板で、私で答えられることがあれば、お返しの意味でも、答えようと思っていました。
でも、おっしゃるように、USDAの見解、のように思えますよねえ。
おっちょこちょいなんですぐ信じちゃうんですね。
なんか脈絡なくてごめんなさい。
腰、NYから、よくなれ光線、送っておきます。
だから、根拠はないけど、だいじょうぶです。
Posted by igor at 2006年08月26日 12:34
igorさん、どうもこんにちは!
掲示板の書き込み、読んでくださったんですね〜
書こうかどうか、悩んだんですよ。。
もしこれがホントにUSDAに問い合わせての書き込みだったとしたら、
purevaxはやはり不可ということになるわけで、この方は
物凄くショックを受けられることになりますから…
かといって、黙って見過ごすわけにも行かず、
とりあえず、自分の受け取った回答メールを紹介しておきました。。
小心なので、「みこねんこ」で書き込み…ってあんま意味ないですけども。

purevaxは猫にとって一番安全な狂犬病ワクチンなのに、
それが検疫において認められないというのはとても残念なことですよね。
私自身、ワクチンには大きな懸念を抱いてますので…
検疫準備はただでさえ複雑ですから、少しでも混乱をさけられるよう、
検疫所側も飼い主側も、互いに努力が必要だなぁと思っています。。

igorさんはニューヨークにお住まいなのですね!
よくなれ光線、どうもありがとうございます!
そっかぁ、それで今日は痛みが和らいだんだわぁ♪うふふふふっ
Posted by みこねこ at 2006年08月26日 14:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20831857
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。