2006年08月15日

靖国参拝

peace2.jpg

生きることは つぐなうこと
悔いることは あらためること

忘れないで
多くの犠牲の上に 私たちの いまがある




ええと… 今日は8月15日、終戦記念日です。
小泉純ちゃん、やはり靖国参拝しましたね。

いろんな議論があるでしょうが、私は靖国公式参拝には反対です。
政治・経済、宗教・文化、難しい問題はさておいて、
その理由は いたって単純明解。
「嫌がる人がいるんだから、やめるべし!」です。

小学校の頃、先生から習いましたでしょ?
人の嫌がることはしちゃぁいけません!って。
それとおんなじことです。


「心の問題に 他国が干渉すべきではない」とかなんとか、純ちゃんは言ってます。
一見正当に思える主張ですけど、でもね、
これってとっても危険な考え方だと私は思います。
だって、こんな言い分がどこでもまかり通るようだったら、
この世の中どうなっちゃうの?自分の思うようにやりたい放題でOKってことでしょ?
こういう主張が、争いを引き起こす種になるんじゃないのかなぁ。
それに、日本の侵略を受けた当事国である中国や韓国を
まるで部外者扱いでもするかのようなこの発言は、
一国の主たる者としてあまりにも軽率です。


本当に戦没者を悼む気持ちがあるのなら、なぜ靖国神社だけにこだわるんでしょうか?
靖国神社には遺骨やお墓があるわけじゃありません。
魂という名の戦没者名簿が、納められているだけです。
空襲や原爆の犠牲になった一般国民が祀られているわけでもありません。

戦争という過ちを悔いる気持ち、犠牲者を悼む思いが本物なら、
ましてや、心の問題だと言い切るのなら、
毎日、朝晩、心からの祈りを その場で天に捧げろ!と言いたい。
祈ることはどこででもできるはず。
偶像崇拝的な年に一度の参拝より、そのほうがずっと誠意ある行為だと思います。

だいたい、A級戦犯とされる人物を合祀した靖国神社で、
不戦を誓うという事自体おかしなことです。
A級戦犯=戦争犯罪人を、合わせ祀ってるんですよ?靖国は。
祀るってことは、神として崇めるってことです。
どう考えたっておかしいでしょ。不戦を誓うべき最たる場所とは到底思えません。


…なんて、めずらしく強気な私ですが、怖いコメントがくるとやなので
もうこの辺でやめときます。。




posted by みこねこ at 21:42| Comment(8) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ども、igor です。
コメントつきませんねえ、いつもならすごい勢いでコメントついてるのに。
コメントつけると恐いのがくるからですかねえ。
おどかしてますかねえ、私。そうですかねえ。
なんて、冗談ですよ。今後ともよろしくです。
Posted by igor at 2006年08月16日 22:08
靖国参拝、ですか?凄い話題をもってきましたね。難しく考えれば、奥の深〜い問題です。戦争犯罪人って敗戦国の人だけがなるんですよね。今裁判中のフセイン元大統領もいずれは戦争犯罪人になるんでしょう。イラクが勝っていたらどんな裁判が行われるんでしょう?喧嘩両成敗の原則で、戦勝国の人にも戦争を引き起こして罪に問われる人もいる筈なのにね。
やっぱり、この話題はこの位まで…。
そして、今度は小泉さんの問題。日本人ってお正月に神社にお参りに行って神様を拝んで、お盆にはお寺に行って仏様をお迎えしますね。クリスマスにはサンタさんからのプレゼントを期待して。そいった宗教に関して軽い考えしか持っていない国の総理大臣がした事だ…、と中国、韓国の人達は笑って見過ごしてくれる、って訳にはいきませんかね。小泉さん家にも菩提寺があって、お彼岸にはお墓参りをなさってるんでしょうにね。
う〜ん、やっぱこの問題は難しい。
Posted by yasso.k at 2006年08月17日 07:04
ほんと、この問題は難しいね。
これらも戦争の名残なんだなぁ...って。
まだ戦争は終わってないんだなぁ.. って、思いました。
戦争ってなにもかも狂わせてしまうから。
ここ数日新聞を読みまくり、色々思ったです。
そして思ったことは、靖国神社にこだわらなくってもいいんじゃないのかな?
って。
被爆地の人はもちろん、戦争が始まって過酷な生活の中、飢えや疲労、病気で亡くなった人も、
みんな同じようにかけがえのない命をなくしたわけで...
あと、総理大臣も一個人ではあるけれど、日本の代表でもあるから、嫌がる人がいるのにやっていいものなのかな?って。

この問題、日本にいたらこんな風に思わなかったかもしれないです。
ここは、多国籍国でしょ。
いつもはみな仲良くしているのに、さすがに終戦記念日は外出するのがなんとなく嫌でした。
Posted by 里々 at 2006年08月17日 08:11
igorさん、こんにちは!
そうですね。こういう記事はなかなかコメントしにくいと思います。
とても難しい問題ですから…
そんななか、先陣切ってコメントを残してくださりありがとうございます!
私もホッとしました〜
こちらこそ、今後ともどうぞよろしくお願いしますね♪
Posted by みこねこ at 2006年08月17日 10:55
師匠こんにちは〜!

複雑な問題で難しいのですが・・
どうして靖国神社にこだわるのでしょうね?
心の問題というならば任期満了の9月をまって行かれたほうがよかったかもしれませんよね
近隣諸国との関係は最悪のものとなってしまったのですからね。。。

今日もムシムシ暑いですね〜。
ぶーちゃんは夏バテとかはナシですか?
毛皮をまとっている我が息子はグッタリです〜(>_<)

Posted by スイートピー at 2006年08月17日 11:22
yasso.kさん、こんばんは!
そうなんですよ。すごい話題を持ってきたでしょ?
迷いましたが頑張って記事にしました。
以前から靖国参拝には、ただ漠然と反対だったんですけども、
ネット上に いいかげんなことは書けないのでいろいろ調べましたよ〜
そのお陰で、今まで曖昧だった事柄をちゃんと見つめることができ、とても勉強になりました。
靖国神社にA級戦犯、調べれば調べるほど、この問題はとても難しいですね。
小泉純ちゃんが連呼したような、一個人の「心の問題」などという言葉では
とても片付けられるもんじゃないと思います。

戦争犯罪人… 戦争に勝った国が、戦争に負けた国を裁く。
でも、戦争に勝ったも負けたもないですよね。
だって戦争そのものが取り返しのつかない罪なんだから。
あちらこちらでよく聞かれる「聖戦」っていう表現も私は嫌いです。
神聖な戦なんて、あるはずないもん。
そんなの、愚かな人間の都合のいい言い訳でしかないと思う。
おっと、また熱くなってきたぞっ そろそろこの辺でやめときますね〜
Posted by みこねこ at 2006年08月17日 20:43
里々さん、こんばんは!
靖国問題、これは本当に難しいですね。
小泉純ちゃんが本当に心から戦没者を悼み
不戦を誓うために靖国に参拝したのだとしても、
そのために他国が嫌な思いをするんだったら本末転倒なのでは?と思います。

戦争の中に生きた人々は、誰もがみな 犠牲者です。
靖国に祀られる命と、そうでない命とがあること自体、
そもそもおかしいと思う。
ひとつの命が無くなることは、ひとつの世界が消えること。
戦争のために、どれだけ多くの世界が失われたことか…

終戦日とか、歴史的な日に海外で外出するのってちょっと怖いですよね。
去年、中国で反日デモが多発してたとき、私もやっぱ外出は控えてたな…
海外にいると、日本に住んでたときとはまた違った目で日本をみつめることができるよね。。
Posted by みこねこ at 2006年08月17日 21:50
スイートピーさん、こんばんは!
そうなのですよ!そうなの!そうなの!
心の問題だと言い張るなら、任期満了してから参拝すればいいのに…
だいたいさ、心の問題であるはずの靖国参拝がなんで公約になってるわけ?
言ってることがてんでバラバラなんじゃぁないのかしらねぇ…

いや〜、今日も暑かったですねぇ。じっとりムシムシ〜
ぶーちゃん、ゴロリンお腹出して寝てますよ〜♪
お毛毛をまとった息子さん、この暑さはキツイでしょうねぇ。
うぶ毛をまとった私ですら グッタリですもん…
夏バテしないように、お互い気をつけましょね〜!
Posted by みこねこ at 2006年08月17日 22:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。