2005年05月16日

うれしい……

初めてのブログ……
やっぱりうれしいものですね。
ネット上で自分の描いたものがきちんと表示されているのを見て
感激しました。

幼い頃から表現することが好きで
漫画、演劇、シナリオ、料理、写真、小説、絵本……
いろんなものにチャレンジしては、コンテスト等によく応募しました。
でもこれを仕事に結びつけるというのは ホントー に難しいことですよね。
まぁ、料理に関しては一応コックとして働きはしましたが。

そんな私がここ1〜2年ずっと取り組んでいるのは翻訳の勉強です。
翻訳家志望者を応援するア○リアという会員クラブに
去年の夏から入っていますが、課題文でなかなかいい成績がとれず
気落ちすることが多いです。

毎月異なるジャンルの課題文がでて、それを翻訳して提出するのですが、
判定評価には上から AA, A, B, C, D, E とあって、
「AA」判定をとるか、1年間で2回「A」判定をとると
「ノミネ会員」と認定されます。

ア○リアサイトにはさまざまな企業から寄せられた翻訳家募集の
求人案内が掲載されているのですが、この「ノミネ会員」になると
圧倒的に募集できる求人が増えるのです。
というか、募集要項の条件に「ノミネ会員」とない求人を探すほうが難しいです。

ですから、なんとかしていい成績をとろうと頑張っていますが、
ぜんぜん日頃の努力が実らず焦っています。

表現の仕方や調査力は悪くないようなのですが、
一番重要な英文解釈に問題があるらしい……

自信のあるときであればあるほど成績が悪いような……
そんな気のする今日この頃。

でもこの毎月一度の課題提出文、
審査されて2ヵ月後くらいにきちんと返送されてくるのですが、
なんのアドバイスも記載されていないのがホント寂しい…たらーっ(汗)
「C」以下だと点数も教えてもらえません。
たまに、間違ってる部分や減点の対象部分、逆にこの部分はいいネみたいなとこに、
線で印をつけてくれる人もいますが。

毎月情報誌が送られてきて、その中に課題文の講評と訳例が
載っているので、それを見ながら復習するわけですが、
それでもどうしてこの訳がダメなのか、
この表現がダメなら意訳自体が成り立たなくなるのではないのか
といった疑問がわくことも多いです。
それに訳例自体がいい文章だと思えないことが多いんだよなぁ。
いや、ヤッカミ とかじゃなくさ。

幸い、夫の仕事の手伝いで翻訳作業をさせてもらっているので、
これからも英語の勉強は続けていきたいと思っていますが、
初めてのブログを体験して、
私の中の「文章書きたい病」が爆発してしまいました。

英語を日本語に、日本語を英語に直して表現するのは
それはそれでもちろんとても楽しいことなのですが、

自分の描きたいことを自分のことばを使って
自由に表現することは、その何百倍楽しい……

そう、今楽しくて仕方がありません。

せっかく続けてきた翻訳の勉強をやめてしまったりはしませんが、
しばらくは執筆活動に専念しそうです。

でも不思議ですよね。
どこの誰であっても、
こうやって簡単に自分の思いを表現できるんですから……読んでもらえるかは別としても。

以前は、賞をとるか、自費出版するしかなかったのにね。
すごい世の中です。



【関連する記事】
posted by みこねこ at 01:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 翻訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お初です!
読んでますよ〜!沖縄からw
すごい翻訳なんて!!
日本語すら上手く使えない僕にとって
外国語なんて・・;
できれば・・ご指導お願いします。
Posted by りょっぺ at 2005年05月16日 02:13
やっほい!
また来ましたw
返事ありがとう!
「絵上手」ってテレル(*^_^*)
けど嬉しいですwみこさんも
パイプ詰まりの絵上手い味のある絵
ですよねw好きです!

絵:aikoでした。
Posted by りょ at 2005年05月17日 01:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。