2005年05月30日

早めの父の日



ちょっと早いのですが、父の日のプレゼントを贈りました。
父への贈り物はお菓子やお酒などをあげることが多かったのですが、
今回はテレビ好きの父へ映画(DVD)のプレゼントです。

『十五才 学校4』 これは本当に素晴らしい!
山田洋次監督の「学校シリーズ」のひとつで、
不登校の十五歳の少年が、屋久島の縄文杉を目指して旅しながら
成長していく姿を描いた映画です。

私自身は数年前にテレビで放送されたのを観ただけなのですが、
観終わったあとの、からだの中がじんわりとあったかいような感じが
今でも残っています。
私はまだ屋久島に行ったことも縄文杉をこの目で見たこともありませんが、
この作品を観て以来、屋久島の縄文杉は私にとって特別なものになりました。
それくらい感動したんですね…

「買え!」なんて言いません。レンタルでいいです。
観たことない人はぜひ観て欲しい…
レンタル代数百円でこんな感動に触れられるなんて
ほんとーに幸せですよぉ〜。


【関連する記事】
posted by みこねこ at 00:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そんなに感動するの!
久しぶりにビデオでも借りてこようかなw
Posted by りょっぺ at 2005年05月31日 00:24
ぜひ観てくださ〜い!
きっと屋久島に行きたくなりますよっ。
Posted by みこねこ at 2005年05月31日 02:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。